当サイトの製品ページのリンクには訪問者が購入の際に報酬が発生するアフィリエイトリンクが含まれています。

Brain ビジネス

【ハイブランドに学ぶ】高単価商品を自動で売るためのブランディング戦略

【ハイブランドに学ぶ】高単価商品を自動で売るためのブランディング戦略

【ハイブランドに学ぶ】高単価商品を自動で売るためのブランディング戦略

ゆい
2024-05-12
6 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

こんにちは、ゆいです。


都内でマーケティングの会社を経営しています。


資産10億円超えの経営者に出会って、2019年からビジネスを始め、

ゼロスタートから10ヶ月で月収100万円、13ヶ月で200万円、16ヶ月で500万円を超えました。


現在は無料メルマガでビジネスを学びたい人向けの情報発信の傍ら、

企業様の収益アップのコンサルティングや、インフルエンサーのプロデュース、自分のビジネスを伸ばしたい個人の方向けの起業サポート等をしています。

インターネットを活用した「売れる仕組み」の構築や、収益アップの施策が得意です。


ごく普通のOLだった私が、資産10億超えの経営者に出会い、どのように365日フリーな経営者に転身したのか、裏側のストーリーはこちらの漫画で紹介しています。(ゼロ→月収100万円までの舞台裏に興味がある人は読んでみて下さい)


今回の講座では、『単価10万円以上の高額商品を、労働せずに自動でポンポン販売していくためのブランディング戦略』について解説します。


ブランディングができるとビジネス楽ですよ。

チート的に難易度が下がり、やることなすこと上手くいくようになります。


Skypeやzoomで個別面談をしなくても、ステップメールだけで自動で高額商品がポンポン売れていく。

ライバルがどれだけいても、一度も会ったことのないお客様から「あなたから学びたいです」「講座やコンサルはありませんか?」とメッセージが届く。

一切売り込みをしなくても、10万円、20万円、100万円以上の商品がオンライン完結で自動で売れていく

毎日のように携帯に決済通知が届き、働かなくても毎日が給料日状態

お金と時間、両方の制限から永久に解放されます


高額商品が全自動で売れて、お金も時間も自由になれるかは、『ブランディング』が出来ているかどうかで決まります。


多くの人はビジネスに挑戦しても、この「高額商品を自動で売る」という関門をなかなか超えることができません。


安い商品は売れたけど、高額商品が売れなくてお小遣い稼ぎにしかならない

zoomやSkypeで対面セールスをしないと高額商品が売れないので、いつも個別面談やセミナーに追われて疲弊している。でも、止めると売上が減るのでやめられない

労働しないと売れないので、収益は出るようになったけど全然自由になれない


こんな悩みや相談をよく頂きます。


安い商品なら作業を頑張れば売れるでしょうが、結局のところ、高額商品が自動で売れないと自由にはなれませんよね?


高額商品が自動で売るためには、お客様にとって「価値が高い人」「高額を支払っても学びたい人」にならないといけません。



ちょっと想像してみて欲しいのですが、たとえばあなたが友人の誕生日に5000円のケーキを買うとします。目の前には2つのケーキが。


1)ジョエル・ロブションの5000円のケーキ

(15年連続ミシュラン3ツ星獲得。フランスの代表するシェフ、ジョエル・ロブション氏の高級グランメゾン。レストランディナーは1食10万円も当たり前)

2)無名のケーキ屋さんの5000円のケーキ


さて、この2択から選ぶなら、あなたはどちらのケーキを買うでしょうか?


特別な理由がない限り、ほぼ100%の人がロブションのケーキを買うと思います。ハイブランドのケーキの方に、より『高い価値』を感じるのではないでしょうか?


ハイブランドのケーキの方が美味しそうだし、クオリティも高そうで安心感がある。友達にも喜んでもらえそうだし、一度は食べてみたい。


そう思うのが人間心理です。


たとえ5000円の商品でも、無名の商品が選ばれるのは難易度が高いのです

高額商品となれば、なおさらです。



つまり、私たち一般人が高額商品を自動で売れるようになりたいなら、ブランディングは必要不可避。


ブランディングなしでビジネスで稼ごうとするのは、ジャージにすっぴんで本気合コンに臨むようなものです。なかなかに無謀(というか難易度が鬼高い)のではないでしょうか?


逆に、ブランディングさえできてしまえば、

・高額商品が自動で売れる

・お客様の「指名買い」やリピート率が上がる

・新商品を出すたびに、飛ぶように売れていく

・お客様から「新しい商品はないんですか?」と催促される

・労働をしなくても安定して高収益が上がり続ける

商品を出せば売れてしまう、もはや失敗する方が難しい。そんなチート状態になります。


とはいえ、『ブランディング』に実は難しいことは必要ありません。


ブランディングも『知識ゲー』です。

すごい実績がないと出来ない?

お金がかかりそう?

ブランドを作るのには時間がかかる?

それは単に知らないだけです。


今は『ハイブランド』として認知されている高級ブランドも、少し前までは無名の商品だったものも複数あります。


今では銀座に路面店を出し、芸能人や経営者に愛されている高級ブランドも、何年か前の無名の状態から、ブランディング戦略を駆使して、短期間でハイブランドの仲間入りを果たしてきています。


私たちのコンテンツビジネスでも、当然再現可能です。


今回の講座では、そんな『ハイブランド』が実施しているブランディング戦略を紹介しながら、無名の一般人が『お客様に選ばれるハイブランド』を築くための具体的な施策を7つ紹介しました。


1つ取り入れるだけでも、お客様のあなたに対してのイメージが変わり、「価値が高い人」と認知されるでしょう。


お客様に自分の価値を示せなければ、どれだけ長時間作業しようが、お金や時間をかけて勉強しようが、『ハイブランド』として認識されることはありません。


わざわざすっぴんジャージ姿で難易度高くビジネスに取り組むより、あなたの価値や魅力を適切に伝えるブランディングで、楽に高額商品がポンポン売れる状態を作っていきましょう。



<この講座ではこんなことが学べます>

■対面セールスやインスタライブ、セミナー等の労働をしなくても、単価10万円以上の高額商品がメールだけで自動で売れるようになるブランディング術

■ブランディングとは具体的に何なのか?『ハイブランド』になるための2つの戦略

■お客様が高額を払ってでも学びたい『価値が高い存在』だと思われるための認知操作の7つ方法(※取扱注意)

■お客様の脳内認知を、狙い通りに操作するイメージ作り戦略の具体的なステップ

■あなたのビジネスを「収益力アップ・リピート率アップ・認知度アップ・ビジネスチャンスの拡大」など、全面的に底上げし、自動的に「選ばれ続ける存在」になる方法


<この講座はこんな人におすすめです>

■10万円以上の高額商品を自動でポンポン売れる「ハイブランド」になりたい人。

■安い商品は売れたけど、高額商品が思うように売れない人。

■労働に対して収入のバランスが見合っていない、対面セールスやインスタライブ、個別面談、大量の作業をこなさないと商品が売れず売上が不安定な人。

■初心者だけではなく、中級者以上のお客様にも商品を販売していきたい人。


こんな人にはお役に立てると思います。

お客様に「ハイブランド」と認識され、高額商品も自動で売れるチート的な存在になっていきたい人は、続きをお読みください。



この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

6 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
みはな

この教材自体が最強の高単価ブランディング

この教材を学ぶと、ゆいさんの知識と行動力のブラックホールを目の当たりにします。分かりやすい企業事例と、「コンテンツビジネスに活かすなら」という切り口で詳細解説をされているので、ド初心者の方にも浸透する知識です。高単価で売りたいけどなかなか勇気がない・自信がないという方でもどう行動したら自分をハイブランドに見せられるのか?絶対にわかる内容だと感じます。とても勉強になりました。さらに行動を加速させられそうです。
太郎きび

ハイブランド戦略の詳細と「コンテンツビジネス」への応用

今回、ハイブランドがどのような戦略を使って作られてきたのか、具体的な企業の事例を通しての詳細な説明があったため、身近に感じ、分かりやすかったです。ベールに包まれていた部分がハッキリ見えた感じです。それと、やっぱり、コンテンツビジネスに応用するための様々な策が、非常にタメになりました!
ねこ社長

具体的に、ブランディングが知れる名著

高単価ブランディング、これは稼いでいく上で必須と思っています。 いつまでも100円で商品を売っていても仕方ありません。 少フォロワーでも稼ぐなら、高単価で売れるためにどうするか。 今までなんとなくの知識で実践できていることもあったんですが、 より具体的にその方法について触れてあるので、すぐ取り入れることができると思います。 圧倒的な実績をすでにもっていなくても、 どうやったらブランディングを高めることができるのかが書かれており、非常に勉強になりましたので、いくつか実践していきたいと思います。
だいすけ

ハイブランドに学ぶ高単価商品を自動で売るためのブランディング戦略

アップルやルイビトン、ブルガリなど高額商品がなぜ売れているのか?など普通の人は気にもしない事だと思います。高いんだねって言って終わりみたいな。それにもちゃんとした理由があるなど、とても興味深い内容で、深掘りして説明されていたのがとてもわかりやすかった内容でした。 コレからコンテンツビジネスを始める方にはしっかり学んで欲しい講座内容ですので、少しでも気になった人は是非手に取って内容を確認してみてください。
さこつ

【低価格帯商品の販売者】に必見かと

これからコンテンツホルダーとして、情報発信していく人は、めっちゃ学びが大きいと感じました。なんならすでに活動してる人もですね。「売れるか不安だなー。100円なら売れるかな。無料じゃないと誰も見てくれないかも。あー、10万円とか20万円の商品なんて作れる気がしない」ってマインドが壊れますよ。「ハイブランドとは高級感を演出して高価格で売る」なーんて単純な話じゃないんですね。もちろん「価格だけ10倍にすれば売上も10倍ですよ」なんて話でもない。そもそも「値段」ってなに?高価格の商品を見て、人の心理はどうなるの?どんな時に「うわ高っ!」ってなるのか「欲しいっ!」となるのか。心の動きが理解できると、価格設定の方向性も決められるんだー、へーなるほどー!って学び。これ知っておくと、生涯収入のケタが変わると思う。(てかもし知らなかったら損してたな、って思うと恐ろしい)知れたことがまーじでラッキーでした。売上に悩んでる人には、解決のきっかけになるかもですよー。
ta

7つの施策が具体的

6本の動画を聞き終えました。ブランディングは大事は聞いてきたけど。ブランディングとは何か?どう発信に活かしていくかなど、7つの施策が具体的に説明されています。ゆいさんの説明はとてもわかりやすいです。 値段を下げるのではなく、○○○理由や、値段を○段階作る理由なども説明あったり。色々な事例が出てくるので、コンテンツビジネスに限らず、色々な職種の人に役に立つ話です。実践していきます。 ありがとうございました。

この記事を購入する

当サイトの製品ページのリンクには訪問者が購入の際に報酬が発生するアフィリエイトリンクが含まれています。

-Brain, ビジネス